2008年03月26日

函館イカマイスターの認定式に行きました。

CA390024

3月25日の午後2時から「函館イカマイスター」の認定式に行ってきました。

認定式の参加者は20~30人程度で、認定書は参加者に関しては全員手渡しでした。

合格率は90%オーバーなので、実際の合格者は追試の方も合わせて100人以上いると思われますが、お勤めの方など時間の都合でこられない方も多くて、会社単位で代表の方が認定書を取りに来ている場合も多々あります。

竹田食品さんや、魚長さんは、いっぱいイカマイスターを輩出されたみたいです。

ちなみに当社は、僕を含めて3人です。

挨拶で、「内容が難しい」「問題が難しい」と言っていましたが、職業柄そうでもなかったと思います。

でも、満点ではなかったので悪しからず!

函館イカマイスターだけは、他の地域水産物マイスター検定とは違い、社団法人大日本水産会の認定を受けているので、世界に通用する認定だといっておられました。

CA390025

認定証には①氏名②生年月日③試験回(今回は第1回・平成19年度)④登録番号(僕の場合は第0110046号)が記載されています。

 

上の写真は、認定証(大きい方)と登録証(左下の小さい方)なのですが、登録証の方を常に肌身離さず持って、事ある際に登録証を「ビシッ」と出して、函館イカマイスターであることをアピール。

世界に通用する制度であるから、海外でも登録証を「ビシッ」と出してほしいそうです。

 

業界に関係あったり、仕事柄興味があって、「函館イカマイスター」を受講・受験したので、正直、賞状を受け取るときは、うれしくてうれしくて、ニャついてしまいました。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form
comment form